ブログトップ

浜千鳥写真館

masaaki16.exblog.jp

京都や関西の自然風景や花写真を発表しています

白川と花見小路通りが交差する所に「なすあり地蔵菩薩」の祠があり
白川の川底からお地蔵さんが発見され祀られていた。
知恩院から西、白川を挟んで古門前通と新古門前通があり、
料亭や道具屋が並んでいて外人の往来も多い。
知恩院の山門が見える
a0355356_09083305.jpg

そんなちょっとした景色を撮影。
骨董屋さんの2階に積み上げられた鉄人28号ほか
荷車の轍など

a0355356_08524448.jpg

いつか見たこの看板が懐かしい
a0355356_08535119.jpg
ここの路地角を回ると白川沿いの「なすあり径」に出る

a0355356_08563270.jpg
a0355356_08570238.jpg
a0355356_08572108.jpg
鍵型に下り曲がる路
a0355356_08574701.jpg
古い家屋をリフォームしてレストランや外人向けのホテルに変わったりしている。
a0355356_09104362.jpg

[PR]
by masaaki-16 | 2017-04-22 09:13 | 京都の風景 | Comments(0)
明治に入り海の玄関口として栄えた港町。
大阪港は築港とも云われ旧淀川の河口を広げ
その砂利を港の護岸として埋め広げた。
明治天皇が軍艦の観艦式にご出席されるほど
大大阪のシンボル港だった歴史がある。
a0355356_09145955.jpg

a0355356_09154123.jpg
a0355356_09162119.jpg

a0355356_09171574.jpg

a0355356_09180859.jpg




[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-22 09:21 | 大阪の街 | Comments(0)
時間も21時過ぎになると
人通りが少なく円山公園も帰る人が多くなった。
私の2017年花灯路
は終了です。
a0355356_14330848.jpg
a0355356_14253170.jpg
a0355356_14250630.jpg
尺八演奏するサムライパフォーマンス

a0355356_14255460.jpg
a0355356_14241727.jpg
粟田大燈呂
a0355356_14431307.jpg




[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-19 14:47 | 京都の風景 | Comments(0)
二年坂付近には伝統技術だけでなく
 デフォルメ調似顔絵の絵師さん、アニメのトトロ等々
若い世代向けのおみせが並び賑わいを見せていた。
a0355356_09460769.jpg
愛嬌のある外人さんに笑みを頂きました。
a0355356_09463510.jpg

a0355356_09484976.jpg
a0355356_09492709.jpg
火の用心・お囃子組
a0355356_09510215.jpg






[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-15 09:52 | 京都の風景 | Comments(0)
新舞子の干潟にて
a0355356_09320400.jpg

a0355356_09322700.jpg

a0355356_09324303.jpg

瀬戸内の落日を見て今回の龍野御津の撮影は終了です。



[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-11 09:36 | 兵庫の風景 | Comments(0)
穏やか海とそこで暮らす人々の歴史が織りなす室津。
朝早く魚に出る船、夕方に帰ってくる船を見守る家族。
過去より続く変わらない日々の生活。
a0355356_09271847.jpg
この地を訪れた過去の偉人たちの足跡も残る。
1150年代に安芸の厳島神社へ行く途中に来た平清盛が賀茂神社を訪れた。
1826年にオランダ人の医師シーボルトもこの景色を見た。

賀茂神社
a0355356_09275741.jpg

a0355356_09293733.jpg

a0355356_09301333.jpg

日本最北端の蘇鉄群(県天然記念物指定)

a0355356_09311931.jpg

此処は本当に不思議な町、室津泊りは今も天然の要塞で、瀬戸海の塩の匂いが吹き抜ける港でした。
a0355356_09443014.jpg



[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-09 09:41 | 兵庫の風景 | Comments(0)
龍野市にある室津は旧名では御津町。平成に入り龍野市に併合しました。
地元の観光ガイドに室津は港町として1300年前、奈良時代の行基法師により
瀬戸内に五つの津が開かれた一つで「室」室津です。
江戸時代、西国大名が参勤交代で海路で室津へ、そして陸路江戸へ。
海と陸の接点、海の宿駅として栄える。
a0355356_10483206.jpg
多くの文豪に愛された町
竹久夢二、井原西鶴、谷崎潤一郎、司馬遼太郎、平岩弓枝など
竹久は「此処は何という不思議な国であろう」と手紙で彦乃へ送っている。
また
司馬は「殊のほか小さな湾に古のロマンを感じ」たと紀行している。
湾を囲むように町並があり、当時を偲ぶ建物や石碑があり、何度か来た私には
湊を歩いているだけで気持ちが穏やかな波のように打ち寄せてくれる。
a0355356_11021325.jpg

a0355356_11024066.jpg

a0355356_11031702.jpg

a0355356_11042596.jpg




[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-08 11:09 | 兵庫の風景 | Comments(0)
a0355356_23391317.jpg
見晴らし丘から見る御津町の景色

a0355356_17253336.jpg
a0355356_23345729.jpg

a0355356_17264583.jpg

a0355356_17271142.jpg




[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-07 23:40 | 兵庫の風景 | Comments(0)
大阪から車で2時間半、
龍野市御津町にある綾部山梅林、
海の見える梅林で関西ではこのような景色が
見れる場所がないので行って来ました。
a0355356_23324711.jpg
a0355356_23332372.jpg
a0355356_23335907.jpg
a0355356_23343089.jpg
a0355356_23345729.jpg

[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-06 23:36 | 兵庫の風景 | Comments(0)
兵庫県の西端にある龍野市の御津町。
綾部山に梅が咲き、瀬戸内海の播磨灘が広がる町。
見頃を向かえた梅林の山は青い空にお似合いだった。
a0355356_13553821.jpg
a0355356_13555969.jpg
a0355356_13563313.jpg
a0355356_13570039.jpg
a0355356_13580506.jpg



[PR]
by masaaki-16 | 2017-03-05 13:59 | 兵庫の風景 | Comments(0)